トップ / 印刷を速く鮮明に仕上げるために

印刷を速く鮮明に仕上げるために

印刷方式の違いと利点

オフセット印刷のメリット

オフセット印刷とはプリント方式のひとつで、ロール型の版にインクを移し、そこに紙を通すことで出力されるというものです。作った版がプリントされる紙に直接触れないので、細かな表現もしやすく鮮明な再現ができるというのが特徴です。鮮明さだけでなく、1度版ができてしまうと大量に出力することができ、プリントスピードもかなり速いので、大量出力や納期が短いものを出力するのに向いています。新聞折り込みなどのチラシやダイレクトメール、部数の多い冊子類など、商業印刷のほとんどがオフセット方式の機械を使って出力されています。

オフセットの特徴とは

印刷の技術も高まり、現代においては「3D」プリンターも誕生してます。この技術の歴史は古く、新聞の誕生などに大きく貢献してきました。オフセット方式と呼ばれる方法は、水と油(インキ)が反発する性質を利用した方法で、 版に付けられたインキをブランケットに1度転写してから紙にうつします紙とインクが直接触れないので、ムラのない綺麗な仕上がりになるのが特徴です。鮮明にうつすこと、さらに大量部数の印刷も、短時間でスピーディに仕上がることも可能です。大きな機械を用いるので専門の業者が主に取り扱っていて、仕上がりの質と予算により他の方法もあります。

↑PAGE TOP

© Copyright 印刷に問題がある場合. All rights reserved.